◆HOME    





①ダイエットの成功はあなたしだい

太るのは食べすぎ、つまり消費カロリーよりも摂取カロリーが多い、これが原因です。

解決方法は、運動するか、フードの量を減らすだけ! なんです。

誰でもご存知のことと思います。

でも、かわいそうだからと言って、なかなか量を減らせません。

それはあなたがダイエット(食事量を減らす)のつらさを知っているからですよね。

でも人と犬は違います。

犬は
一回の食事量に対してあまり執着心がありません。元々、満腹を感じる神経があまり発達していません。

ですから、与えれば与えるだけ食べるます。逆に、量が少なくても、それほどストレスを感じません。

多くても1回、少なくても1回なのです。

つまり、人と犬とは違うということを知り、今までの「かわいそう」と言うあなたの意識を変えて下さい。

それがダイエットの一番の近道なのです。

②どれくらい太っているか認識しましょう。

「今、ダイエットしてるんです」と言うので、「どれくらい与えていますか?」と質問すると・・・

「う~ん、お皿にこれくらい」と答える方がいらっしゃいます。

これが太った原因です。普段から体重管理できていないからです。

そしてこれでは減量はできません。

必ずそのフードの適量を知り、その何パーセント減量するのか決めて計量して与えて下さい。

上記のようなケースですと、本来の適量の50%カットでもOKでしょう。

ということは今までの実質50%以上のカット率になるでしょう。今までは適量でなかったから太ったわけですから。

それでも犬はつらくないのです。つらいのはあなたです。何度も言いますけど意識改革しましょう。

④フードの”ダイエット”という言葉の意味
例えばイタリー製のFORZA10(フォルツァ10)のミニダイエットという商品があります。

このダイエットとは「やせるフード」と言う意味ではありません。

これはフォルツァ10だけでなく、○○○ダイエットと言うネーミングのフードはすべてそうです。

意味は「栄養食」です。

つまり「減量食」とまったく逆なんです。

まずそれを認識して下さいね。



③必ず与えるフードの量を計量する
⑤ダイエット用ドライフードとは?

では痩せるためのフード(以後、ライトタイプと言います)とはどういうものでしょう?

原則として痩せるフードなんて言うものはありません。

フードとは食事であり、食事とは栄養を補給する為に行うからです

ではライトタイプとはどんなフードでしょう?

通常のレギュラータイプよりなるべくカロリーを抑えたフードです。

しかし、カロリーを抑えると言っても栄養が必要ですから、カロリー量はそんなに変わりません。


量が同じなのにカロリーを抑えるということは、栄養分を減らし、粗タンパク質などを増やしているということです。

ライトタイプがレギュラータイプより値段が高いケースがありますが、直接的な原料コストは栄養分が少ないのですから低いと見ていいでしょう。

ただし生産・販売ロットがレギュラーより少ないので高くなっても販売政策上、不思議ではありませんが。


ライトタイプを与えていると、安心して与え過ぎて逆に太ってしまう可能性もあります。

「ライトタイプだからだいじょうぶ!」なんて決して思わないで下さい。


ライトタイプにこだわるよりも、
「量を減らす」こと!

それに
おやつは厳禁です。

⑥与える楽しみ、満足感を得るために

しかし、あれもダメ、これもダメではペットと暮らす楽しみがありません。

そこで、ダイエットに有効なものをご紹介いたします。

野菜やおから、海草などはカロリーもほとんどなくダイエットに有効です。

それから、意外かもしれませんが、最高のダイエット食材は水です。

食事に含まれる水分が多ければ多いほど、たくさん食べても、カロリーを抑える事ができます。

ドライフードよりも、ウェットフードなど水分の多い食事を取り入れる事もひとつの方法です。

⑦最後に

あなたが注意しておやつも与えていないのに、家族がこっそりあげていた・・・なんてことも有り得ます。

ダイエットにはご家族の協力も必ず必要です。

「量を減らす」。このことにご家族やあなた自身が慣れたら、見る見る効果が出てくるでしょう。

わんちゃんとの生活を楽しむ。これこそがペットがいる生活の本来の意味です。

わんちゃんの健康を考え、そしてわんちゃんと生活していることを存分に楽しんでください。

例えば8kgのミニチュアダックスだったとしましょう。

ミニチュアダックスなら5kgくらいにはダイエットしたいものです。

3kgの減量ですね。

では、それが人間だったらどうでしょう。

80kgの人が50kgに減量するのを想像して下さい。

あなたの気持ちを強くもって下さい。