◆HOME    


あなたが与えているフードは本当に安心ですか?

良いドッグフードの見分け方!

犬のウンチは固い方がいい?

犬が食べてはいけないもの

ドッグフードのコストとは?

ペットの中にペットが?

手作り愛情食にまさるものはない?

ドッグフードの並行輸入品とは?

あなたの愛犬こんな症状ありませんか?

手作り愛情食に勝るものはない?


私たちもそうですよね。


愛情のこもった手作りの食事ほどおいしいものはありません。

しかし、犬は肉食動物なので、人よりははるかにタンパク質とカルシウムを必要とします。

怒ってる家族や友人によく、「カルシウムが足りないよ!」って言いますよね(笑)。

口から摂取する栄養分で感情が作られるのをこれほど端的に表している言葉はありません。


最近の子供が気持ちが切れやすいと言われるのは食事が欧米化してきたからではでしょうか?

私達の子供のころはなかった「ジャンクフード」を常食することは「緩やかな自殺」とまで言われています。

愛犬も同じですよね。


・無駄吠えがひどい

・唸り声を上げる

・おちつきがない

・子犬に威嚇する


性格形成にはご主人との信頼関係や環境がもちろん大きなファクターですが、

愛犬のこんな性格は一番ストレートに口から入ってくる食事が作っているとも言えます。

愛情のこもった食事だけでは足りないタンパク質やカルシウム。

それを補うのがサプリメントです。

それはウェットフードを組み合わせて与えます。

ウェットフードには何種類かに分かれていて一つ一つがこんな体質の子やこんな症状の子に向くという分け方をしています。

毎日、基本的には安心できる低アレルギーナチュラルフードを食べさせる。

しかし、いくら低アレルギーナチュラルフードといってもワンちゃんも毎回同じドライフードでは、いつもインスタントラーメンを食べているような感じかもしれませんね(笑)。

しかし、毎日ワンちゃんのために食事を作るのは大変な作業。

そこで、低アレルギーナチュラルドライフード、手作り愛情食、

サプリメントの低アレルギーウェットフードとうまく使い分けてみましょう。

では具体的にフードはどこの何がいいでしょうか?


それは、



をご覧下さい。