◆HOME    
教えて! わんちゃんのこと Q & A
Q・トイレを覚えてくれません

A

部屋のあっちこっちでおしっこをしてしまうという場合。

子犬は最初にトイレをした場所で、その後もトイレをしたがります。

つまりカーペットや畳をトイレと勘違いしてそこでしてしまうと、次からもカーペットや畳にしてしまいます。ニオイです。

この習性を利用します。

カーペットにオシッコした時にトイレシーツでオシッコを拭き取り、保存しておきます。

この場合、まだ目を離してはいけません。

子犬もやはりオシッコをするタイミングというのがあります。

朝起きた時。
食事の後。
夜寝る前。

この時に「オシッコ、オシッコ」と言って先にオシッコをさせるのです。オシッコをさせます。
また、したい時にさせるのではなく、2~3時間おきに注意して先にさせましょう。

この時、さきほどのオシッコが染み付いたトイレシーツに誘導します。

留守や夜に子犬から長時間目を離さなければならない時には、トイレやハウスが入る大きなワゴンやサークルに子犬を入れておいて下さい。(さきほどのトイレシーツをその中に入れておいて下さい)

トイレのしつけができていない子犬を部屋で自由にさせてよいのは、トイレを済ませた後だけです。

そしてトイレが上手にできたらすぐに褒めてあげてください。

これは「トイレシーツの上でトイレをしたこと」に対して褒められていることを子犬にわからせるためです。

排泄をし始めた時に声で褒めてあげ、終了したらすぐご褒美を与えてください。