◆HOME    


◆デタラメな犬の登録申請

パピーミルとは?

ワクチンはなぜ接種しなければいけないの?

子犬の流通パターン

ペットショップで売れ残った子犬はどうなるの?

純血種とは?

断尾断耳(だんおだんじ)とは?

両親の確認が大事!

命の衝動買い
(犬1,000匹毎日処分の現実)

子犬の輸送方法は?

犬の問題行動の原因とは?

犬の散歩の意味!

いい飼い主とは?

ワクチンはなぜ接種しなければいけないの?


子犬購入で失敗しないために、まずワクチンのことを知らなければなりません。


このことがショップやブリーダーの見極めに繋がるからです。

そもそもなぜワクチンを打たなければいけないの?

人の赤ちゃんが母乳を飲むことによっていろんな病気から守られる(免疫ができる)のと同じように、子犬も母乳を飲んで母犬から抗体をもらいます。

しかしこの移行抗体は42日~150日で消失してしまいます。

そこでワクチンを打つのですが・・・困ったことに・・・。

いつ抗体が切れるかがその子によって違うため特定できないんです。

それがなぜ困ったことかと言いますと・・・。

それは、この移行抗体が残っている時にいくらワクチンを打っても、移行抗体がワクチン(抗原)をはねかえしてしまうので、犬の体内で抗体が作られないからです。

つまり移行抗体が残っていれば結果はワクチンを打たなかったのと同じこと。

第1回目は生後42日~60日頃に打ちます。

最も早く抗体が切れていることを想定して打つからです。

移行抗体が切れてるのが分かっていれば切れた時に1回打てばいい訳です。

しかしそれが分からないために、第2回目を生後90日に打つのです。


ワクチンの種類

ワクチンには

1、生ワクチン

2、不活化ワクチン

の2種類があります。

生ワクチンは、生きているウイルスです。

接種後、体内で増殖し、病気に感染した状態になります。

この過程で抗体ができるので非常に強力な免疫力がつきます。

一方、不活化ワクチン の方は、殺したウイルスを材料にしているので接種後の増殖はありません。

このため、生ワクチンに比べると免疫力が弱く、持続力も劣ります。

この場合のワクチンは通常、生ワクチンです。

狂犬病予防注射は通常、不活化ワクチンです。

その生ワクチンでも種類があります。

しかし、どの種類にするかはいろんな見解がさまざまで、一概にどうとはいえないのです。

なぜなら、ワクチンとは毒だからです。

子犬の体にとっていいわけありません。

種類は2種から9種です。


2種混合ワクチン

犬ジステンバー、犬パルボウィルス感染症の2種を言います。

これが最も発症確率の高い恐い感染症だからです。


5種混合ワクチン(上記プラス)

犬アデノウィルス2型感染症
犬伝染性肝炎
犬パラインフルエンザ

初回はこの5種を選択する獣医が多いです。


9種混合ワクチン(上記プラス)

犬コロナウィルス感染症
犬レプストピラ病(3種類)


その後、病院へ行くと必ず年1回でワクチン接種を言われます。

しかしアメリカでは3年に1回です。

アメリカと犬と日本にいる犬と違うのでしょうか?(笑)

アメリカでは狂犬病も3年に1回、スイスは狂犬病予防接種義務はありません。

スイスは日本と同じように狂犬病絶滅の国です。

毒はできるなら接種しない方がいいのですが・・・。

しかし、赤ちゃんの時だけはそうはいきません。


それではワクチンを接種しているにも係わらず子犬が感染症で死んでしまうのはなぜでしょう。

「移行抗体がなくなってしまう時期を特定できない」ために、せっかくのワクチン接種が無効になることも原因のひとつですが・・・。

感染症は完全に外部要因による病気です。

抗体が存在しないどんなに無防備な状態であっても、
感染している犬と接触しない限り、発病することは100%あり得ません。

たとえば、感染症の代表例であるパルボウイルスは、「感染した犬の便、嘔吐物、それを触れた人の手や足の裏などから経口感染する」ことが原因です。

空気を吸い込んで感染はしません!

感染した犬が近くにいなければ、まずかかるはずがない病気なのです。

ウイルスのない清潔な環境で生まれた子犬を、ブリーダーさんから直接譲り受けるのならば、例えワクチンを接種していなくても感染する機会はありえないはずなのです。


ではなぜ、買った子犬がすぐに死んでしまう悲劇が起こるんでしょうか?

それは子犬の流通に問題があるからなんです・・・。


次は流通のパターンについてお話いたします。