Blogブログ

ワンちゃんに関するコンテンツです

愛犬を守るのはあなたしかいません!

可愛いペットショップの子犬たち

一見、健康そうに見えるショーウィンドウの中の子犬たち。

「可愛い~!」お子さんから歓声があがります。
「抱かせてもらっていいですか?」「どうぞ、どうぞ。」

「この子に見つめられて運命を感じた!」
こうやってまたひとつ出会いが生まれます・・・。

さて、この子はどこからきたのでしょう。
どういう環境で生まれ、いつ母犬と別れたのでしょう。

無駄吠えがひどくて悩んでるの・・・
気にいらないことがあると咬み付くの・・・。

子犬にとって一番大事なのは生後30日~50日の社会性の刷り込み期。
成犬になった時のこんな悩みは、ほとんどの場合この刷り込み期にペットショップにいた子です。

いや、こんなことで済むならまだぜんぜんいいでしょう。
先天性の病気の子がいることを私はいやというほど知っています。

買ってからもう家族になった子をあなたは病気だと言って処分できますか?

ペットショップの子犬達は、良心的なブリーダーからは来はしないのです。
欧米では展示販売は法律で禁じられています。

犬を飼うならできれば優良なブリーダーから直接子犬を手に入れるのがいいでしょう。

しかしながら、あなたがほしい犬種のブリーダーはどこにいるのか?
いたとしても、はたして本当に優良なブリーダーなのか?
素人には見極めることは非常にむずかしいのです。

関連記事

  • 関連記事はございません。