Blogブログ

ワンちゃんに関するコンテンツです

教えて わんちゃんのこと Q&A

Q.しつけの基本について教えて下さい
(スワレ、フセ、コイ、マテ、ツケ、ハウス)

A.スワレ、フセ、コイ、マテ、ツケ、ハウスはベーシック6と呼ばれるコマンド(命令)です。
子犬のうちにこの6つを覚えれば日常生活で楽しく過すことができます。
ちなみに「オテ」「オカワリ」などは特に覚える必要はありません。
芸として覚えるのはいいですけどね。
まず、ごほうび(しつけ用の小さいおやつ)を用意して下さい。

●スワレ
一番基本です。すべてのコマンドはこれから始まります。
子犬はまだ何も知りませんね。一番最初に教えて下さい。
ごほうびで興味を引き、あなたの前に来させます。
「スワレ」と言って、おしりをチョンチョンと軽く叩いて下さい。
何回かすると理解します。
理解しない場合は一度抱き上げてスワレの状態になるように降ろします。
この状態で誉めてごほうびを与えましょう。
これの繰り返しで覚えます。

●フセ
スワレの状態で、始めます。
あなたは右利きですか?(右利きだとして説明します)
あなたはあぐらをかいて座って下さい。
右足だけ前に投げ出して下さい。
右膝を少しあげて右足で低いトンネルをつくります。
ワンちゃんを右足でつくったトンネルの左側にオスワリさせて下さい。
右手にごほうびのおやつを持って右足の右側(トンネルの下の方)に手をやって下さい。
「伏せ~」と言いながら、右足でつくったトンネルをくぐらせます。
この時、ワンちゃんの体は自然に「伏せ」の格好になっています。
このあと思いっきり誉めてあげます。
何回か繰り返すと覚えますよ。

●コイ
ちょっと離れた位置から、ごほうびを持った手を差し出し、「コイ」と言って下さい。
これでごほうびほしさに来ます。
来るようになったら、ごほうびを差し出さずに呼んで下さい。
来たら、その後ごほうびを与えて誉めてあげて下さい。

●マテ
食事の時に「マテ!」と言ってお皿を手でふさぎます。
「ヨシ!」で食べさせます。
毎回これの繰り返し。
これですぐに覚えますよ。
覚えればもちろん、お皿を手でふさがないで下さい。
次は食事以外の時に練習しましょう。
この時はごほうびを用意して下さい。

●ツケ
散歩の時にいつもあなたの左側についてくるようにします。
いつもリードがすこし遊びがあるくらいの距離を保って歩く練習です。
もしあなたの右へこようとする場合、あなたは右に回って下さい。
これでワンちゃんはいつも左側になります。
この状態をキープするためにはリードは短めに持ち、少し離れるとリードがピ~ンと張り詰めるくらいの距離を保ちます。
この時に「ツケ」と言ってリードを少し寄せます。
すぐにもとの距離になればごほうびをあげて誉めてあげて下さい。

●ハウス
あなたは「ハウス」と言いながら抱っこしてケージやクレートに入れます。
この時にごほうびを与えて誉めてあげます。
これでケージやクレートに入ればいいことがあると覚えます。
今度はケージやクレートを指差して「ハウス」と言います。
いいことがあると思って入って入っていきます。
ごほうびをあげて下さい。
これでおやつをくれる雰囲気を察したら、自らケージやクレートに入って待つようになります。

関連記事

  • 関連記事はございません。