Blogブログ

ワンちゃんに関するコンテンツです

失敗しない子犬の選び方!

子犬の輸送方法は?

子犬の輸送には3つの方法があります。

①直接受け取りに来るか、ブリーダーさんの車で運んでもらう。
②トラックで運ぶ。
③航空便で運ぶ。

ベストは①ですが、遠距離は当然無理です。

②のトラック便は、普通の荷物と同じ扱いになります。
夜にトラックターミナルに預けて、翌日の朝、オーナーさんに受け取りに来てもらいます。
しかし例えばもし高松から関東であれば、2日かかる場合もあります。
翌々日の朝到着なんて・・・ありえません。その間、水も飲めないんですよ。

子犬は荷物ではありません。

直接受渡しできない場合は、③の航空便です。
飛行機の中はワンちゃん専用室があり、エアコンが効いています。
国内ならどこからどこでも乗せてからだいたい約3時間以内には受け取りできます。

子犬にとっては、最もストレスなく移動できる方法です。
飼い主になる方は、印鑑と免許証(身分証明書)などを持って、もよりの空港まで受け取りに来て頂きます。
一般の乗客カウンターではなく、貨物扱い所になります。

ANAの貨物扱い所の外から見たカウンター(羽田)

子犬の受渡しは生後60日が基本です。
しかし、子犬は生後50日~60日頃が犬生の中で一番可愛い時期なのです。

「赤ちゃんがなぜ可愛いか?」というと「赤ちゃんが可愛いのは当たり前だろ。」と言われそうですが、
これは赤ちゃんが生きていく術(すべ)なのです。

母犬や里親に愛されること。
このことが子犬の生きる術なのです。

このことは人も同じこと。
そのためペットショップなどでは、56日以降に引渡しています。(生後8週齢)

これはペットショップという形態の性格上、売れ残りを防ぐための方法です。
生後56日は、子犬のことを考えればギリギリの線なのです。

もし「生後56日より前でも渡しますよ」というところがあれば、子犬を扱う基本的な姿勢がおかしいのです。(法律で禁止されています)子犬は母犬から60日までにいっぱい愛情を受け、いろんなことを教わらなければなりません。

基本はあくまでも生後60日以降です。
ですから過ぎにワクチン接種して約1週間後になります。
(この頃の子犬の10日間がどれだけ犬生の中で大きな10日間か・・・)

それと初回ワクチンは子犬を輸送させる時、絶対に接種しておかなければなりません。
(犬舎に直接引き取りの場合は、ご自分で病院に連れて行く場合もあります)

ワクチンはなぜ接種しなければいけないの?を参照して下さい。

航空運賃は直行便の場合、約6,000円。
これに子犬を入れるプラスチックのカゴ代と手数料で約5,000円。
これは直行便の価格で経由ならその倍はかかります。

例えば、高松から大阪に送る場合、伊丹や関空は便がないので一旦羽田に送り、それから伊丹か関空に送ります。
この場合12,000円は必要。

もちろんブリーダーによって設定は違います。
最初から全国一律で10,000円の設定というのもあります。

しかし考えて見て下さい。
空港が近所にあるブリーダーがどれほどあるでしょうか?
高速道路を使って空港まで来る方もいます。
その分、コストが高くなります。こうやって子犬はお店にやって来るケースがあります。
ただし通常、お店は運賃のかからない地域でブリーダーさんと取引しています。

次は「犬の問題行動の原因とは?」です。

関連記事

  • 関連記事はございません。