Blogブログ

ワンちゃんに関するコンテンツです

失敗しない子犬の選び方!

両親の確認が大事!

この何年間は小型犬が流行していますね。
もちろん、日本の住宅事情に合うのでしょう。

私も、ゴールデン・レトリバーに憧れたんですけど、飼える部屋がないので断念。
それで、色の特に似たミニチュアダックスを飼う事に。

小型犬ブームでよくあるのが、「小振りの子がほしい」という希望。
その場合は必ず、両親の体重などサイズを確認することです。
それを確認せずに、「小振りですよ~」などと言われて買ったが、「成犬になって大きくなった」なんてことはよくある話です。

今人気の2犬種について具体的に説明します。

プードルとダックスです。
(人気のチワワには大きさの種類はありません)

以前、公園で出会った方が大きな足の長いプードルを散歩させていました。
「この子、小振りというんで買ったのにこんなに大きくなってしまって(笑)」
この方も両親の確認をせずに言われるまま買ってしまったんですね。

赤ちゃんの時はみんな小さいので小振りかどうか見ただけでは判断できません。
お店の人に「この子小振りですか?」
と聞くと必ず何の根拠も無く「小振りで可愛いですよ~!」と答えますよ。

例えば「ミニチュアダックスがほしい。小振りの子で」と言う場合。
本当に小振りの子がほしいのであれば、カニンヘンダックスにすれば間違いありませんが・・・。

ミニチュアダックスの定義は体重4.8まで。

カニンヘンダックスの定義は体重ではなく胴回りが30㎝以下です。
カニンヘンダックスはミニチュアダックスよりも小さな穴に入ってウサギをとるためにブリーディングされた種類で、体重が重くても胴回りが小さければ仕事ができるため、体重ではなく胴回りのサイズが定義となりました。

「うちの子、ミニチュアダックスなのに体重8キロなのよ~。」
なんて良く聞きます。
それはもう実質的にはミニチュアダックスではないのですが、登録上はミニチュアダックスになってるんですね。

問題点は2つあります。

まずは飼い主さんがフードやおやつを与えすぎること。
これは飼い主さんが注意すれば済む話ですね。
もうひとつは生産者の虚偽の申請です。

ダックスの中ではミニチュアダックスがいまや一番頭数が多く、スタンダードよりポピュラーになってますので、ミニチュアダックスでの虚偽の申請は考えにくいのですが、カニンヘンダックスとなると可能性があります。
しかし、「一杯食べさせるから大きくなったんだ!」と言われると証明のしようがありませんよね。

この問題はJKCの責任問題でもあると思いますが、何度も言うように「信頼できるブリーダー」から買うこと。
ブリーダーと直接が難しいなら信頼できる人を介して購入すること。

これしかありません。

ブリーダーの見分け方(インターネットショップ編)をご覧下さい)

プードルの場合、下記のような基準です。
(しかしこれは一般的な任意の基準です)

ティーカップは約2kg未満
タイニーは2kg~3kg
トイは3~4kg
それ以上はミニチュア及びスタンダード。
(本来の基準はトイ・ミニチュア・スタンダードの3種類です。しかも体高が基準になるため、わかりにくいので省略します)
日本では今流行のティーカップやタイニーは基準がありませんので登録はトイ・プードルです。

余談ですが、昔イギリスでプードルが嗅覚でトリュフを見つけ、ダックスが穴を掘るという共同作業をしていたんですね。
夜でもプードルの位置が分かるように白のプードルがいます。
共同作業って、想像しただけで可愛いですね。

純血種の場合、両親の確認は必ずしましょう。
できれば写真も見せてもらって下さいね。

次は次は「命の衝動買い」です。

関連記事

  • 関連記事はございません。