Blog

ワンちゃんに関するコンテンツです

犬の見える色は何色?犬の見える世界を解説!

 

犬が見えている世界、あなたはご存知でしょうか?

「犬は視力が低くてあまり見えていない」というのはよく聞きますよね。

それに加え、人には見えて犬には見えない色があります。

犬にはどんな色が見えるのかご紹介を致します。

犬に見える色

 

犬の視力は0.2~0.3と言われています。

あまり見えていなくて心配になるかと思いますが、

犬の嗅覚は人の100万倍とも言われるように

嗅覚や聴覚が発達しているので視覚情報をあまり頼りにしていないのです。

 

また、犬の世界はモノトーンと言われたりもします。

しかし、実際の所は

緑・黄色・オレンジはくすんだ黄色

紫・青は青っぽい色として識別

赤色はグレーに見える。と研究されています。

 

結果、「青・黄・グレー」の3色が見えているとされています。

「犬の見える世界のイメージ」

(dogplus.me参照)

芝の上では、青と黄色がはっきりと見えるので、

ドッグランで遊ぶ時は青と黄色の方が見分けが付くのでワンちゃんには分かりやすくて良いと思います。

見にくい色の場合は匂いをつけてあげるのもいいと思います。

そもそもなぜ見える色が少ないのか

 

これも所説あるのですが、

恐竜が存在していた中生代の頃、

恐竜が日中色んな生物を脅かす存在であったため

哺乳類が夜行性になったためあまり色覚が重要視されなかったからと言われています。

 

さいごに

犬にとってはっきり見える色は青と黄色

おもちゃや給水のお皿などを青や黄色にすると区別しやくて良いかなと思います。

 

しかし、なんでもかんでもはっきり見える色を置いてしまうと、

刺激が強くてあまり良くないかもしれません。

 

ですから、寝床などリラックスできるものは、グレーに見える他の色の方がかえって落ち着くのではないかと思います。

あとは色だけでなく質感や触感なども大事だとは思います。

「愛犬には今どんな景色が見えているか」を考えながらおもちゃを選んだりするとまた違った視線から楽しめるのではないかなと思います。

おもちゃ、グッズ選びの時にお役に立てれば幸いです。

関連記事

  • 関連記事はございません。