Blog

ワンちゃんに関するコンテンツです

犬の涙やけの原因と改善するための対処方法まとめ

 

涙やけは、当店でも悩まれているお客様がたくさんいます。

特に白いワンちゃんだと目立つのでよく相談を受けます。

 

涙やけの原因は様々なものがあります。

その原因と治すための改善方法を解説します。

 

“涙やけ”とは、

  • 涙が過剰に分泌されてしまう
  • 鼻涙管に異常があって鼻に上手く排泄出来ない

などの状態になると、涙が眼から溢れて常に眼の下が濡れている状態だと涙の成分が酸化する事によって茶色に変色します。

涙やけを放置していると眼の周囲で菌が繁殖してかゆみや皮膚炎を引き起こします。

涙やけの原因

涙やけの原因は色々とありますが、大きく分けて4つに分類しました。

①涙の通り道の閉塞

 

涙の通り道の鼻涙管が元々狭い事や詰まって細くなったり、未発達だったりすることにより涙の量が増えたりする事で涙やけが起きます。

また、生まれつき鼻涙管に繋がる涙点が開いていないケースもあります。

 

②ほこりやゴミ
 
 

ほこりやゴミ、刺激物により涙が増えて溢れてしまう。

 

③アレルギー

 

花粉やノミやダニにや何らかにより

アレルギーを引き起こしたり

格安のドッグフードに入っている化学物質などの添加物によってアレルギーを引き起こす場合があります。

フードを変える事により改善される事も当店でもよく報告されています。

涙やけに効果があるとされるスマイリー

④目の病気

 

結膜炎や眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)という目の病気による原因。

眼瞼内反症はまぶたが内側に反ってしまう病気のため、まつ毛が目の表面に当たり涙の量が増えることで涙やけが起こる事があります。

 

涙やけを起こしやすい犬種と理由
 

トイプードル、マルチーズ

鼻涙管が狭かったり閉塞していたりする事が多い。

シーズー、パグ、フレンチブルドッグ

逆まつげとも言われる”眼瞼内反症”が起きやすい

柴犬・チワワ・ダックス

生まれつきアレルギーを起こしやすいため

 

改善するための対処方法

 

①こまめに目の周りを拭いてあげる

 

こまめにケアをしてあげる事が変色を抑える事が出来ます

ガーゼやコットンなどで優しく拭き取ってあげてください。

固まっている場合は、濡らしてからお使いください。

 

②目の周りの毛をこまめにカットする

 

目の周りの毛が伸びて目に刺激を与えている場合はカットすることで予防が出来ます。

お家でのカットが難しい場合は当店にお連れ下さい。

 

③病院での治療

 

結膜症などの病気の原因の場合は、目薬が処方されます。

 

鼻涙管が詰まっている場合は、麻酔をかけた状態で洗浄をする事で詰まりを除去出来ます。

しかし、また詰まってしまえば再発してしまいます。

 

逆まつげの場合は、まつげを定期的に抜く必要があります。

しかし、こちらもまた生えてきてしまうので一時的なものでしかありません。

 

先天的に涙点が開いていない場合は、手術をする方法があります。

しかし、ワンちゃんに負担も多いのでなかなか行う人も少ない現状です。

 

④フードを変える

 

添加物が入っているフードは多く、そこからアレルギーを引き起こしている可能性もあります。

無添加フードに変えて継続してみる事で改善が期待されるケースもあります。

 

 

スマイリーを食べさせて涙やけが改善されたという声を多く頂いております。

 

実際に、当店のお客様が口コミで広げてくださっており、

「先ほどご一緒にドッグランをしていた方からスマイリーを食べさせてから改善されたと聞いたのですが」と聞かれる事もありました。

 

ただ、1ヵ月ですぐ良くなるとかではないので数ヵ月継続をしてみてください。

フードを変える事で良くなるワンちゃんもいます。

まとめ

涙やけへの改善は長期的なものとなる事がほとんどです。

フードを変える事での改善だけでなく、やはりこまめなケアが必須です。

 

1日の朝・昼・夜や散歩前や散歩後など、

とにかくこまめに拭いてあげて目の周りを湿った状態で放置させない事が大事です。

 

それでもなかなか治らないという場合は、

病気が隠れている可能性もありますので病院で適切な診断と治療を行ってください

 

この記事が参考になったという方は是非、ワンちゃんを飼われている友達へご紹介お願い致します。

少しでも多くのワンちゃんの改善へ繋がれば幸いです。

関連記事

  • 関連記事はございません。